京都インターネット広告webコンサルティングのkyonoren

スパム行為との関係

SEO対策の為には、スパム行為はマイナスです。


例えば、ホームページの目立ちにくい箇所に非常に小さな文字で
色々なワードをちりばめているサイトを見かける事があります。

そのようなサイトの場合は、検索エンジンからはスパム判定を受ける場合があります。


それと過剰な数の相互リンクなども、その行為と見なされる場合があります。
また自サイトと酷似している別サイトすなわちミラーサイトを保有している場合にも、
その行為と見なされる事があるのです。


上記のようなスパム行為を行っていると、検索エンジンとしては
ホームページを低く評価する傾向がある訳です。

それはSEO対策では不利になります。
このためSEO対策を重視しているのでしたら、その行為は控えるべきという事になります。